名古屋の業者ならゴミ屋敷を元通りのキレイな状態に戻すことも可能

ゴミ屋敷

information

ゴミ屋敷に住む人の心理とは

家電

テレビで、ゴミ屋敷に住む人が取り上げられることがあります。外で衣食住を行う人もおり、その人の生活がどこか心配になってしまいます。ゴミ屋敷に住む人に共通する点が3つあります。
1つ目は、1人で暮らしているということです。誰かと暮らしているのであれば、片づけたら、と言ってくれたり、本人がやらなければその人が手をつけてくれるはずなので、問題はないからです。恐らく、社会に出ることをきっかけに一人暮らしをしている人や、家族と住んでいたのに訳あって1人で住まなければならなくなった人なのでしょう。
2つ目は、寂しさを抱えていて、気持ちを表に出すのが苦手な人だということです。1つ目で示したように、1人暮らしになってしまったことで、見た目や口では寂しくないと言っていても、心の底ではその逆なのかもしれません。寂しいから、物に執着することで安心感を覚えている場合があるからです。また、気持ちを表に出せる人であれば、既に業者などに処分して貰ったり、カウンセリングを受けたりと人に助けを求めている可能性があります。
3つめは、ゴミを芸術だと思っており、物を大切にする人だということです。例えば、ゴミになると分かっていても、パッケージのデザインが素敵だと、捨てたくないと気があります。また、好きな人に貰ったものだと、捨てられずにお守りとして持っていたくなることがあります。それが釣りに積もってしまっただけなのでしょう。